MENU

睡眠不足は精力不足!?睡眠で精力を回復させる方法

ストレスや睡眠不足は勃起にとって大敵です

 

身体に害のある要素として無視することができないものがあります。
それはストレスです。

 

現代社会ではストレスの問題がとても多いです。
仕事、身体、人間関係・・・様々な原因でストレスとなって影響を及ぼします。

 

今回は、ストレスが人体や勃起力にどのような悪影響を及ぼすのかを解説します。
普段ストレスに悩まされている人は是非参考にしてください。

 

 

 

ストレスが与える悪影響

ストレスは人体にどんな悪影響を与えるのでしょうか。

 

結論としては、1度には書ききれないくらいの影響があります。
その中で代表的な症状を紹介します。

 

初期症状

・食欲がなくなる
・頭痛がする
・抜け毛が多くなる
・過呼吸になる

 

いずれもストレスによる悪影響の初期症状です。
放置しておくと悪化していき、以下のような症状が出てきます。

 

1、不眠症

不安なことがあって眠れないという経験のある人は多いでしょう。
ストレスが重なっていると、この眠れない状態が続いてしまいます。
なかなか寝つけなくなり、1時間以上も入眠に時間がかかります。
また、よく悪夢を見るようになる他、眠りが浅く途中で目が覚めるようになります。
そのため眠っても疲れがとれず、疲労が溜まってしまいます。
放っておくとうつ病を誘発してしまいます。

 

 

2、摂食障害

ストレスが溜まっていると食事にも症状が現れます。
それは拒食症と過食症の2つのタイプがあります。
拒食症は若い女性に多く、摂取すべき栄養をとらずにやせ細ってしまう症状です。
過食症は食べてストレスを発散するので、どんどん太ってしまう症状です。
拒食症と過食症を繰り返すケースもあります。

 

 

3、依存症

ストレスを発散するために依存性の強いものに頼ってしまい、止められなくなります。
例えば、アルコール・ギャンブル・薬物・ショッピングなどです。
精神的なストレスを抱えやすい人が依存症になりやすい傾向にあります。
特に違法な薬物に依存してしまうと、幻覚や妄想が起こるようになり危険です。

 

 

4、うつ病

脳の神経の働きが遅くなり、行動が遅くなったりやる気がおきなくなります。
責任感が強かったり、内向的な性格の人が特にうつ病になりやすいです。
しかし、明るい性格の人でもなるので気をつけてください。
完治に時間がかかり再発しやすい病気で、現在最も多い精神疾患です。

 

 

5、自律神経失調症

体温調整や心臓の鼓動を調整する自律神経は、脳でコントロールされています。
自律神経を司る脳の視床下部はストレスの影響を受け易い部分です。
様々な異常が現れるようになり、例えば疲労がとれない、動悸、頭痛、立ちくらみなどです。

 

 

 

勃起への悪影響

ではストレスはペニスにどのような悪影響を及ぼすのでしょうか。

 

仕事や人間関係などストレスを感じる場面はとても多いです。
実はストレスが原因の勃起不全はとても多いのです。
特に10代〜30代の若い男性に多く見られます。

 

ストレスを感じると男性ホルモンの分泌量が減ります。
そうすると性欲がなくなり、精子の量も減ってしまいます。
このため、勃起しにくくなってしまうのです。

 

また、ストレスにより不眠症になると疲れが取れなくなります。
体が疲れていると勃起力が低下します。
特に眠れないことに対する、精神的な疲れによる影響が大きく影響します。

 

 

セックスの時だけ勃起できないという症状もあります。
ペニスが小さい、女性を満足させられない、初めてで緊張しているといったことがストレスになります。
子作りを迫られているということもストレスになります。
こうしたことで不安になり、セックスの時だけ勃起できなくなってしまいます。

 

 

稀ですがトラウマが原因で大きなストレスを感じてしまう場合があります。
過去に性的ないじめや暴力を受けていたり、セックスの相手に言われた言葉がトラウマになることがあります。
そうすると、セックスの時に自覚がないままストレスを感じ、勃起できなくなってしまいます。

 

 

 

ストレスで勃起できないときの対応策

日常生活でストレスを感じないということは極めて難しいことです。
そのため、以下のような方法でストレスを解消することが大切です。

 

・趣味を楽しむ
・運動をする
・旅行をする
・サプリメントを飲む

 

趣味に時間が使えない人もいると思います。
そういう人は疲れが取れるサプリメントを飲むとよいです。

 

特に精力を回復したい人は精力剤を飲むと良いです。
一番おすすめなのはクラチャイダムゴールドです。

 

クラチャイダムゴールドは身体の血流を改善して勃起力を高めます。
その他、疲れを感じにくくなり、熟睡できるようになります。
目覚めがスッキリして朝立ちするようになります。
さらに、ホルモンバランスを整えてストレスに対抗します。

 

そのクラチャイダムゴールドを実際に飲んで体験したことを記事にしています。

 

>>>クラチャイダムゴールドの◯◯は嘘?本当の効果を検証!!
(当サイトのページに飛びます)

 

効果的な飲み方と効果を説明していますので、参考にしてください。

 

 

 

ストレスによる不眠症と勃起力の関係まとめ

ストレスを感じると人体には様々な悪影響がでます。
例えば以下のような症状です。

・不眠症
・摂食障害
・依存症
・うつ病
・自律神経失調症

 

勃起力はストレスが原因で低下します。
ストレスにより男性ホルモンの分泌量が低下してしまうからです。

 

特に不眠症になると身体的・精神的な疲れが取れなくなります。
そのため、ますます勃起しにくくなってしまうのです。

 

 

改善するには以下のような方法でストレスを解消してください。

・趣味を楽しむ
・運動をする
・旅行をする
・サプリメントを飲む

 

ストレスを解消して疲れを取り除くことができれば、勃起力が回復します。

 

 

 

ストレスで精力剤の効果がなかった人の口コミ

ネット上でストレスを感じて精力剤の効果がなかったという人がいるかを検索しました。
結果的にはそのような人の報告は見られませんでした。

 

むしろ、ストレスによるEDを改善するために精力剤を飲むようにした人が多いです。

 

・男性ホルモンの分泌を促して性欲を増して勃起させた
・血流改善をして疲れがとれた

 

ストレスで勃起できない人は精力剤で、勃起力の回復をさせています。
もしストレスで疲れが取れずあまり眠れないので精力がわかないという人は、精力剤を使ってみると良いでしょう。

関連ページ

タバコは精力剤の効果を3割減らす!その理由とは
タバコが勃起力を低下させることは有名です。精力剤の効果を打ち消してしまうことになるので、喫煙している方はよく読んで下さい。なぜ勃起するのか、タバコはどんな悪影響があるのかを詳しく解説します。
酒はほどほどが1番!精力剤にはどのような影響があるのか?
お酒と精力剤の関係について解説します。お酒と精力剤を一緒に飲んでも大丈夫なのでしょうか。ペニスが勃起することに対してどのような影響を与えるのでしょうか。人体に与える悪影響とともに説明します。
ED治療薬バイアグラのジェネリック品を比較してみた
EDを治療してくれる薬であるバイアグラと、バイアグラジェネリックを比較してみます。さらに、他のED治療薬にはジェネリック品があるのかをお教えします。そしてより良いED改善方法であるサプリを紹介します。